株式会社設立のメリット・デメリット | 練馬会社設立・起業開業コンシェルジュ|山田孝志税理士事務所
実績23年!会社設立・確定申告を実績と経験で即解決! 事務所概要お問い合わせ

株式会社設立のメリット・デメリット


株式会社

会社設立には合同会社というものもできてき、選択肢が増えています。
しかし、やっぱり会社と言えば、株式会社とも言われます。
株式会社にするメリット・デメリットを見ていきます。

メリット

1.対外的に認知度が高い
一般には「会社」といえば、「株式会社」というイメージが定着しています。
株式会社○○、○○株式会社というだけで、なんとなく安心感を持ちます。
名刺に株式会社とあるだけで、ちゃんとした人だと思ってもらえます。株式会社と入っていない名刺を渡したときの反応が違います。

2.外部からの出資を受けられる
個人事業で外部の人から出資してもらおうとすると基本的に借入になってしまいます。
また、合同会社では原則、出資者は経営者となるため、出資だけしてもらおうとすると定款で定めるなどの処置が必要となります。
出資と経営を分離できることが株式会社のメリットです。

3.人材集めがしやすい
1.の対外的認知度にもかかわりますが、人材の募集をする場合、個人事業や合同会社よりも人材が集まりやすい傾向があります。
就職する側もやはり信用できそうなところを選びます。その点、株式会社の冠は大きいです。

4.青色欠損金の繰越控除
個人事業では損失を出した場合には3年間の繰越控除ができますが、法人では9年間繰越控除ができます。
これは株式会社に限らず、合同会社でも同じです。
不況時にはこの制度を利用して、思い切ったV字回復戦略をとることもできます。

5.社会保険の加入
個人事業では事業主は社会保険に加入することができませんが、法人では代表者本人も社会保険に加入します。
特に厚生年金に加入できることは将来の年金給付を考えると大きなメリットとなります。

デメリット

1.設立費用が高い
株式会社は設立時に登録免許税、定款認証などで20万円ぐらいはかかってしまします。
合同会社が6万円でできることを考えるとかなりの差です。
資金の少ない場合にはデメリットとなるでしょう。

2.役員に任期がある
株式会社では役員に任期があります。最長で10年です。この任期ごとに役員が変わらなくても登記が必要となります。
登記手続き、登記費用の負担が出てきます。

3.取締役会、株主総会など機関設計が必要
取締役が複数いる場合など、意思決定のスムーズさを考えると取締役会を設置したほうがいいことがあります。
また、年に1回以上株主総会を招集、開催して株主に経営報告や決議事項の決議を行う必要があります。手続が定められているため、事務作業などが増えます。

会社設立のご相談はいつでもお受けしております。
お気軽にこちらからご連絡ください。


2014 Copyrightc 練馬会社設立・起業開業コンシェルジュ All Rights Reserved.