法人化比較サポート | 練馬会社設立・起業開業コンシェルジュ|山田孝志税理士事務所
実績23年!会社設立・確定申告を実績と経験で即解決! 事務所概要お問い合わせ
法人化比較サポート

法人化比較サポートは個人事業主として事業を行っていったほうかいいのか、会社設立して法人として事業を行っていったほうがいいのかを比較して、どちらがお客様にとってよいのかをご提案致します。
巷ではよく「売上が1,000万円を超えたら法人にしなさい」ということが言われています。ただし、大雑把に売上1000万円といっても、小売業なのか、サービス業なのかなど業種の違い、従業員は家族なのか、第三者なのかなどいろいろと違いがあります。単純に税率が高い、低いだけで判断すると大変なことになります。
これから起業しようとする方、または今、個人事業主でやっているが法人化しようか迷っている方は是非一度ご相談ください。

法人化のメリット

体外的な信用度がUP

法人化したほうが個人事業主よりも金融機関や取引先の信用度は高くなります。

事業主の社長にも給与を支給できる

社長に給与を支払うことで、給与所得と事業所得の計算方法の違いで税額を抑えることができます。

会計期間を自由に決めることができる

法人は会計期間を自由に決めることができます。決算などを忙しい時期を避けるようにすることができます。

利益(所得)が多くなると税金が少なくなる

法人の方が税率に差があるため、利益が多い場合、税金が少なくなるケースがあります。

法人化のデメリット

個人と法人とでお金(財産)を区分する

個人のお金は個人のもの、法人のお金は法人のもの、になります。自由に法人のお金を個人で使うことはできません。

登記費用がかかる

法人は登記が必要なため、登記費用がかかります。

社会保険への加入が必要
法人は社会保険への強制加入となります。従業員を雇っている場合には、保険料の約半分を会社で負担するため、個人事業のときと比べて保険料の負担が増えることがあります。
節税のために法人化したものの、社会保険料の負担が増えて手元に残るお金があまり変わらないケースもあります。
ただし、社会保険への加入は従業員にとっては大きなメリットとなるため、従業員の募集の際には社保完備ということで有利になることもあります。

赤字でも税金がかかる
個人事業で所得税の確定申告では赤字ならば、税金を払うことはありません。
ところが法人は均等割という税金が利益がなくてもかかります。金額は最低でも7万円です。資本金の金額や役員、従業員の人数により変わってきます。
当事務所では、個人事業を法人化した場合の比較シミュレーションを行っております。
シミュレーション費用は2万円となっておりますが、シミュレーション結果により法人化し顧問契約される場合や、または、個人事業継続で、確定申告のご依頼をいただいた場合には、シミュレーション費用を無料とさせていただいております。直近の所得税の確定申告書・青色決算書または収支明細書をお持ちください。
個人事業で700万ほどの利益の場合、法人化した場合の試算では税金保険料の負担が43万も減ることがあります。消費税の課税事業者の場合には消費税負担の節税も期待できます。
ぜひ一度ご相談ください。

初回相談無料お気軽にお問い合わせください!

2014 Copyrightc 練馬会社設立・起業開業コンシェルジュ All Rights Reserved.